女は気持ち良い最愛の男だけと性愛と性交するんだよ

リーマンショックから十年以上が経過したね。

村上龍の「政府と反乱」と言うエッセイではリーマンショックで仕事を失った非正規社員の男が激増して、恋愛する余裕すら無くなったと言ってるね。

十年後の今では金銭的に余裕ある、社会的地位高いエリートでも、女に相手にされない故に性犯罪起こす馬鹿がいるのが現実だね。

あるいは恋愛工学と言う屁理屈恋愛の真似事で、こじらせ女に金を貢いで女に馬鹿にされる社会的エリートも激増したね。

要は気持ち悪いもてない男リーマンショック後に爆発的に増えた意味でもあるんだよ。

SNSの普及も気持ち悪い男が沢山いる事を示したね。

女はもてない男に気持ち悪さしか感じないからね。

女は気持ち悪い男と絶対恋愛と性愛はしないんだよ。子宮が濡れないからね。

女が恋愛したいのは子宮を濡らしてくれる気持ちいい男だけなんだよ。

気持ちいい男と恋愛したいのは当たり前だね。

もてる男は女に心の快楽を与え続けているんだよ。

もてない男は女に不快感を与える行動ばかりしているから気持ち悪いんだよ。

気持ちいい男は子宮が濡れるから女が性愛と性交したくなるんだよ。

子宮が濡れると最愛の男の下半身と射精を受け入れたくなるのは当然だね。

もてない男は欲求不満の勃起した下半身を女に見せ付ければ女が喜んで下半身を射精させてくると勘違いしているアダルト作品見過ぎの馬鹿なんだよ。

もてない男を見て子宮が濡れる女は一人もいないんだよ。